住まいと地域を考えましょう

住まいというのは、それぞれ、建っているのに相応しい場所があるのです。それは、地域によって分けられているのです。例えば、第一種低層住居専用地域と呼ばれている物があります。これは、一戸建てが多く立ち並んでいる住宅と考えれば良いでしょう。他には第二種低層住居専用地域と呼ばれる物があります。これは、基本的には一戸建てが多く立ち並んでいると思います。しかし住宅だけではありません。例えば、喫茶店などもありますし、小さなお店ぐらいならば、あるような地域なのです。これは低層住居地域なのですけれども、マンションがあるような地域はどういう風になっているのでしょうか。例えば第一種中交渉住協専用地域と呼ばれる物があります。

こういった地域では中高層のマンションも並んでいる住宅街なのです。第二種となればどうでしょうか。この場合は、大きめの中高層のマンションが建ち並んでいるのです。しかしマンションだけではありません。事務所などもありますし、大きめの店舗も入っているのです。第一種住居地域もあるのですが、これは、中高層のマンションもあるけれども、一戸建てもあるという所がそうだと思います。第二種住居地域となると、パチンコ屋等も入って来ます。そして、第一種地域よりも、お店や、事務所等が増えて来るのです。こういった部分をきちんと把握しなければなりません。そうして、自分の生活に相応しい地域に住むようにしなければならないでしょう。

Copyright (C)2017住みたいエリアで家を建てる方法.All rights reserved.