これからの住まいを考える時地域選びで迷っています

現在比較的便利な、大都市と隣接した街に住んでいますが、65歳になって年金暮らしが始まった時にどこに住むか迷っています。現在分譲マンションに住んでいますが、今は無人となってしまった主人の実家が田舎にあります。お墓もあるので年に何回か帰って家に風を通したり掃除したりしています。結婚した頃はいずれ田舎に帰ると思っていたのですが、どうも主人は帰る気がなさそうです。主な理由はとにかく自治体絡みの付き合いが煩わしいと言うのです。

主人は長男ですしお墓も気になるのですが、私としては田舎暮らしが捨てきれない気持ちです。田舎といっても駅や街に近く買い物にも便利なところです。家の前は川が流れ、裏は登山道のある山があります。田舎ですので近所の人もよく知っていてお祭りなどいろんな行事があって、煩わしいような賑やかなような人々のかかわりがあります。四季折々の景色が美しく、家庭菜園もできます。老後は自然の中で土いじりをして暮らすのが健康にいいとずっと思っていました。

しかし長い目で考えるとやはり今のままがいいのかなとも思い始めています。家の管理は一戸建てよりマンションの方がはるかに楽だからです。年老いてくると庭の世話ひとつでも大変になってきます。毎日の掃除ひとつ考えてもコンパクトな今の住まいがいいかなと思います。地域を考えると田舎、便利さを考えると今の街。あと5年、まだ考える時間はありますが、だんだん動くのが嫌になってしまうかもしれませんね。

Copyright (C)2017住みたいエリアで家を建てる方法.All rights reserved.