地域によって住まい感が違う

地域によっては住まい感が違ってくると思います。マンション、アパート、一軒家といった住まい方法によっても住まい感は変わってくると思いますが、もう1つ大きく変わってくるのが田舎で暮らすのか都会で暮らすのかです。両方経験している人は良く分かると思いますが、住まい感がかなり違ってきます。しかし、どちらが良い、悪いというのではなくて同じようにメリットがあります。まず田舎の生活についてですが、まず交通機関が都会よりも少なく、モノレール、地下鉄もさほどないように思えます。代わりに使用するのが車、バイク、自転車だと思います。つまり田舎の人の移動手段は自分で購入した乗り物になっています。これはちょっとした、都会との住まい感の違いです。田舎のメリットは空気のきれいさです。田舎は空気がきれいですから住んでいると体調が悪くなる事が少ないと思いますし、生き物も沢山いて心地が良いです。健康と自然にメリットがあるのが田舎だと思います。

都会はその逆で、あまりに工業が発達しているし、人も多いので健康に有害な物質が田舎よりは浮遊している事が多いです。ただし、交通機関、お店などが多く、生活する上ではかなり便利な部分が多いです。わざわざ車を購入しなくても電車、地下鉄などが豊富にあり移動手段で困る事はないです。また近くにお店がすぐあることが多く、買い物先が徒歩で行けたりする事も多く便利といえます。このように田舎と都会では住まい感が違っています。

Copyright (C)2017住みたいエリアで家を建てる方法.All rights reserved.